美容とダイエットに効果抜群!玄米生活(^^♪

食べ物

こんにちはサトケンです!

さて、今日は玄米のお話です。

みなさんの主食はなんですか?日本人なら、ほとんどの人が白米を食べてると思います。

私は白米!だって、白米って美味しいんだもん♪

そうですよね!白米は本当に美味しいですよね!

ただ、僕は白米から玄米に変えて、体の調子が本当に良くなりました♪

しかも、ぽっこりお腹まで引っ込んで来ましたよ♪

え〜!?そうなの?

はい!
ですから今日は、僕が白米から玄米に変えて気づいた事や玄米の凄さなどを書いていきます!

  • 玄米って体に良いって聞くけど、どう良いの?
  • 玄米って本当に痩せるの?
  • 玄米って食べづらくないの?
  • そもそも、玄米と白米ってどう違うの?

今日はみなさんの玄米に関する疑問に迫っていきたいと思います。

健康に気を使ってる方痩せたい方便秘気味の方白米との違いを知りたい方は、必見ですので最後まで読んでくださいね!

玄米と白米の歴史について…

諸説ありますが、白米を食べるようになったのは奈良時代からだそうです。

しかし、食べられたのは上流階級の人達だけでした。なぜかというと、当時の白米は納税の為に使われていたそうです。

更には、玄米を精米して白米にするのに大変な労力が必要だったそうです。
そのため、白米を食べていたのは上流階級だけだったんですね!

それから時は流れ、一般的に白米を食べれるようになったのは江戸時代に入ってからです。

実は玄米を炊くのには多くの時間と薪が必要だったんです!
だから、薪の取れない都心部から徐々に白米が広まって行きました!

  • 昔、白米を食べれたのは上流階級の人達だけだった。
  • 江戸時代に入り白米が広がり始めた。
  • 玄米を炊くのには時間と労力が必要だった。

なるほど〜!今は当たり前のように白米を食べてるけど、昔はお偉いさんだけだったんだ💦

そうですね!
江戸時代になってから、ようやく白米が主食になり始めたんです。

やっぱり白米より玄米の方が体に良いのかな?

実はそれを裏付けるようなお話もあるんです!

白米を食べるようになって増えた病気!?

みなさん脚気(かっけ)はご存知ですか?

脚気とはビタミンB1が不足してなる病気です。詳しくは▼▼▼

出典元:ドクターズファイル 太田 明雄先生

江戸時代に入り、多くの人が白米を食べるように脚気という病気が急増したそうです。

言い換えれば白米にはビタミンB1が少なく玄米には豊富なビタミンB1があったという事です。

玄米は白米の約5倍ほどのビタミンB1があると言われています。

ビタミンB1はブドウ糖をエネルギーに変えるのに必要な栄養素で、玄米には多くのビタミンB1があります。

ですから、玄米が主食だった時代には脚気という病気は少なかったのに、白米が主食となり始めたと同時に脚気が増え始めました。

糖尿病が増え始めたのも白米が原因と言ってる先生もいらっしゃいます!

  • 玄米にはビタミンB1が多く、白米には少ない。
  • ビタミンB1はブドウ糖をエネルギーにする栄養素。
  • 白米が主食になり始めて、脚気や糖尿病という病気が増え始めた。

そうなんだ〜!玄米に比べると、白米って栄養が少ないんだね。

はい!だから、主食として食べるなら僕は玄米がオススメなんです♪

玄米を食べたら痩せるかな?

その前にGI値というのを理解しましょう!

糖質制限に大事なGI値とは

良く糖質制限と言われますが、実は玄米と白米ではカロリーの量はさほど変わらないんです。

大きな違いは、前項でも述べたように栄養素の違い…そして、GI値というものが大きく変わります!

では、GI値とはいったいなんなのか?

GI値とは食品を食べた時の血糖値の上昇率のことを言います。

何かを食べて、一気に血糖値が上がる食品を『高GI食品』、一方、血糖値の上昇が緩やかな食品を『低GI食品』と呼ばれています!

白米は高GI食品!
玄米は低GI食品!

2つの大きな違いはここにあります!

血糖値の急激な上昇は、太りやすい・眠気・イライラしやすいなどなど、いろんなデメリットがあります。

食事を取った後に眠気が来るのもGI値が関係してますね!

白米→血糖値の急激な上昇
玄米→血糖値が緩やかに上昇

これを理解して頂いたら、いかに玄米が体に良いかがわかってもらえると思います。

  • GI値とは血糖値の上昇率。
  • 血糖値が急激に上昇→高GI食品・血糖値が緩やかに上昇→低GI食品。
  • 高GI食品は太りやすい、眠気、イライラしやすい。

同じ食べ物でも大きな違いがあるんだね!

そうです!この、GI値を気にするだけでも全然違うと思います!

ここからは僕が玄米食にして、感じたことを書いて行きますね!

玄米食で得たこと

僕も元々は白米を食べていました。
どういうよりも、白米が大好きで、おかずの量は少なくても良いので白米を多く食べたい人でした。

若い頃はどんなに食べても体質的に太りにくかったのですが、年齢と共に体重が増加傾向に

そして、体のことを考え玄米食にしました。

もちろん、すぐに何かが変わったというのはありませんでしたが、2週間くらいから体に起こる変化を感じました!

箇条書きで書いて行きますね!

・朝の寝起きが格段に良くなった。
・食後の眠気が無くなった。
・ぽっこりお腹がへこんだ。(体重も理想体重は変化)
・便通がさらに良くなった。

今のところ感じられる変化はこんな所ですかね!

最初は物は試し感覚で、そんなに効果は感じられないかな〜!?っていう所からのスタートでした!

しかし、玄米食にしてとにかく体が軽く本当に調子が良いんです!

僕は、お肉が好き!お酒も飲む!
これがもし、お肉も食べれない、お酒も飲めないってなったら、つまらない生活になります!笑

その分、毎食食べる白米を玄米にしました!

好きなものを全部は我慢できないので、その分なにかを変えるスタイルにしてます!
【お風呂の入り方】も参考にしてくださいね♪

お仕事柄、昼食は難しいって方も、朝と夜を玄米にするだけでも全然違うと思うし、可能であればお弁当を持っていくのなんかもありですね♪

ちなみにお子さんや、お孫さんに玄米を食べさせてあげるのは本当にオススメです♪

えっ!?玄米を嫌がらないの?

ずっと白米を食べていたら、最初は嫌がるかも知れません。

なので、白米に玄米を少しづつ慣れさせてあげれば食べるようになると思いますし、全部を玄米ではなく、5:5とか6:4とかブランドでも良いと思います!

小さいうちから玄米食べさせてあげれば、玄米を食べるのが普通の生活になりますし、将来の体のことを考えたら、本当にオススメです♪

そうなんだ〜、少しづつ玄米にしてみようかな♪

ちなみに美容にも良いみたいですよ!

玄米の美容効果

玄米の美容効果も凄いです!

玄米に含まれる栄養素。

ビタミンB1,B2→ニキビ予防やむくみに良いとされています。

・ビタミンE→老化の原因である活性酸素を除去するといわれています。

・フィチン→デトックス効果が期待できます。

出典元:カラダクリアーさん

玄米の力って凄いんだね!

そうです!元々、日本人はずっと玄米を食べてきました。

あくまで僕の考えですが、その時代って生活習慣病って少なかったんじゃないかと思います。

今は生活習慣病が溢れています。
全てとは言いませんが、白米も1つの要因になってるのではないかと考えています。
白米が絶対にダメという訳ではなく、白米は美味しいし、僕も食べる時もあります!笑

だから、メイン玄米、たまに白米みたいな感じで僕はやってます!

全てがダメなのではなく、生活の中に少し変化を入れてあげるのが良いんじゃないかと思います。

ぜひ、皆さんができる所から取り入れてみてください♪

まとめ

  • 白米を食べ始めたのは奈良時代で、当時は上流階級の人が食べていた。
  • 白米を食べるようになって脚気が増えた。
  • 玄米はビタミンB1が多く、糖代謝に優れてる。
  • 白米→血糖値が急激に上昇。玄米→血糖値が緩やかに上昇。
  • ダイエット・美容・美肌にも良いとされている。

本日は、玄米について書いてみました。

今日から、いきなり全てを玄米にするのではなく、自分のペースでできる所からやってみてください。

ポイントは『少しづつ自分のペース』です!

LINEのお友達追加をしていただくと【基礎体温表・体を冷やす食品、温める食品・冷え性、低体温チェック表】などのプレゼントもあります♪

お友達追加は▼▼▼こちらから♪

友だち追加

これからも、健康な体作り・免疫力アップの秘訣などを、いっぱい配信していきますので楽しみにしててくださいね♪

他にも聞きたい話やリクエストなどがあれば、LINEのお問い合わせからご連絡ください!

下のコメント欄からコメントをいただけると大変励みになりますので、コメントいただけたら嬉しく思います♪

コメント

  1. 一生ダイエットママ より:

    玄米ママは好きだけど、子どもたちはどうかなー?これから少しづつ玄米食食べさせてみようかな!やってみないとわからないですもんね!

    • サトケン サトケン より:

      コメントありがとうございました!少しづつ慣れさせてあげればきっとうまくいきますよ♪
      もし、良いやり方が見つかったら教えてくださいね(^_-)
      僕も参考にさせていただきます!

      ありがとうございました!

  2. […] 主食の米は玄米がおすすめです。詳しくは【美容とダイエットに玄米生活】こちらを参考にしてください。 […]

  3. […] 詳しくは【美容とダイエットに玄米生活】こちらを参考にしてください! […]

タイトルとURLをコピーしました